kielo; AW/2014コレクション発表会

ファションブランドkielo;のAW2014コレクションのイベントを開催します。
ブランドとしては国内で4回目の発表になります。

今回のコレクションのタイトルは ”MAD ( ) MEN” 1960年代のアメリカをベースに、
第二次世界大戦終結後、需要が拡大したミッドセンチュリーを施された家具、建築、アートなど
アメリカが世界産業の中心に上がり、大量生産の技術が確立され消費時代に突入し、
消費者はよりデザイン性のあるものを求めるようになりました。
それらのもつ独特なモチーフ、色彩、雰囲気をコレクションの落とし込み製作しました。

kielo;のコレクションで毎回見られるオリジナルのプリントには、そのような色彩とプロダクト、
当時の裏背景でもある人種差別、女性軽視を連想させる要素が組み込まれています。
多くの人々が自由を求めた時代、男性はよりお洒落に典型的な男性服からの脱却、
女性は自身の権利を主張するように男性らしくメンズ、レディース共にシルエットにも
違いを感じられると思います。

今回初めてオリジナルムービーも制作しました。

ムービーの制作にはSen Mitsujiさん、オリジナルミュージックはShuichiさん同者とも
自身がモデルとしても活躍してる方々が製作に関わってくれています。

コレクションのイメージは今後英国のChasseur Magazineがタイアップとして掲載して下さる予定です。

ムービーの他にも実際のアイテムの展示も予定しております。

皆様のご来場心からお待ちしております。

ブランドプロフィール

kielo; は、ファッションデザイナーの水野惠梨佳と矢島祐太によって立ち上げられました。
水野と矢島はベルギーの名門、アントワープ王立芸術アカデミーのファッション科に在籍中に出会い、
ブランドを設立するに至りました。2人の美意識や個性は、その異色の経歴によって育まれました。
水野は高校生時代、油絵画家の道を志していました。その後文化服装学院・アパレルデザイン科で
服飾を専門的に学びました。
矢島は幼い頃からアメリカやヨーロッパで生活し、高校卒業と共に日本へ帰国後、
慶應義塾大学・経済学部を卒業しました。

2人が作りだす作品は、生活・経験してきた特殊な環境が生み出した産物です。
デザイナーとしてのキャリアは浅いものの、はっきりとしたシグネチャーデザインが伺えます。
それは、西洋文化と日本文化の良い部分が抽出され混在し、また、自然の美しさに着想を得た、
詩的かつ繊細、そしてダークなロマンティシズムが垣間見える作品作りからわかることでしょう。

http://kielo.jp/top.htm

詳細

日時
7/4 19:00〜23:00

7/5・6は服の展示のみになります。

参加費:無料

会場

coromoza

〒150-0001
渋谷区神宮前6-31-21オリンピアアネックス201号
明治神宮前駅4番出口徒歩0分

電話番号: 03-6450-5560
メールアドレス: info@coromo.jp
ウェブサイト: http://za.coromo.jp

日時

2014/07/04 〜 2014/07/06 19:00 〜

料金

無料