Think of Fashion 017

金子功とピンクハウス 「ロマンチック少女」の時代

第17回は、金子功とピンクハウスについて
文化学園大学・女子美術大学非常勤講師の菊田琢也氏と共に考える。

1972年にピンクハウスをスタートさせた金子功(1939-)は、
昨今のロリィタ・ファッションやガーリー・カルチャーに影響を与えた
デザイナーとして知られている。

リボンやフリル、ピンタック、プリント柄といった金子が考える
「女の子なら誰もがかわいいと感じるもの」を凝縮して作り出される
服の数々は、いつまでも純粋無垢な少女でありたいと願う女性たちの
憧れであり続けた。

そしてそれは、ヨーロッパの前近代的な田園風景を連想させる
ロマンチックなイメージと共に、『アンアン』や『装苑』『オリーブ』
といった当時のファッション誌に取り上げられたのである。

今回のトークでは、そうしたロマンチックなイメージが浮上した
社会的経緯と、少女的スタイルの魅力について紐解きたい。

金子功とピンクハウス。

それは、前衛的なモードに傾倒して語られることが多い
日本ファッションの、もう一つの物語である。

講師プロフィール

菊田琢也 文化学園大学・女子美術大学非常勤講師

1979年山形生まれ。
縫製業を営む両親のもと、布に囲まれた環境のなかで育つ。
2003年筑波大学卒。在学時にファッション研究を志す。
その後文化女子大学大学院博士後期課程を修了(被服環境学博士)。
現在、文化学園大学・女子美術大学他非常勤講師。
専門は文化社会学(ファッション研究)。

近著に
「装飾の排除から、過剰な装飾へ「かわいい」から読み解くコムデギャルソン』
(西谷真理子編『相対性コム デ ギャルソン論』フィルムアート社2012)
「やくしまるえつこの輪郭 素描される少女像」
(『ユリイカ』第43巻第13号、青土社2011)など。

料金

1,000

お申し込み