Think of Fashion 015

ジャンヌ・ランバン―ファンタジーとリアリティの共存

Think of Fashionは
人々の装いについての文化や社会現象などを考えていく会です。

第15回はジャンヌ・ランバンについて
神戸大学国際文化学部准教授の朝倉三枝氏と共に考える。

1889年に創業したランバンは
パリのクチュールメゾンの中でも最も古い歴史を誇る。
2001年にアルベール・エルバスをアート・ディレクターに迎えて以降、
ますます脚光を浴び、現在もパリのトップメゾンの一つとして注目を集めている。

しかし、その知名度とは裏腹に、メゾンの創始者である
ジャンヌ・ランバン(1867-1946)については意外に知られていない。
彼女はどのようなデザイナーだったのだろうか。

今回のトークでは、子供服というジャンルの開拓や、
芸術家とのコラボレーション、インテリアや香水など異分野への参入、
さらにライフスタイルブランドの提案など、
ランバンのファッション史における功績や、古今東西の芸術や文化に
着想を得たデザインについて、同時代の社会背景も交えながらたどる。

またそこから、ランバンのアイデンティティを護る
ガードマンとも自負するエルバスが、彼女から何を継承し、
そのクリエーションを展開しているかも併せて考えてみたい。

「芳醇なファンタジーとブレンドされた現実。これがランバンのランバンたる秘訣です。」 アルベール・エルバス

講師プロフィール

朝倉三枝(あさくら みえ)
1975 年生まれ。
パリ第10大学DEA課程修了、
お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士後期課程修了。
博士(人文科学)。現在、神戸大学国際文化学部准教授。
専門は服飾史、ファッション文化論。
著書に『ソニア・ドローネー 服飾芸術の誕生』(ブリュッケ、2010年)。
論文に「ジャンヌ・ランバン―20世紀モードの静かなる改革者」(『fashionista』no.001、2012年)「衣服からクリムトを読む」(『ユリイカ』第45巻第4号、青土社、2013年)など。

詳細

日時:2月23日(日)18時00分~19時30分
会、終了後、講師を交えての懇親会を予定しております。

会費:
事前申し込み2,000円 当日2,500円 (学割 事前申し込み1,500円 当日2,000円) 

会場: 服も作れるコワーキングスペース「coromoza fashion laboratory」
住所: 〒150-0001渋谷区神宮前6-31-21 オリンピアアネックス201
電話番号: 03-6450-5560
URL: http://za.coromo.jp/
地下鉄東京メトロ線 明治神宮前駅4番出口のすぐ前、ラコステの入っているビルの2階。

お申し込み先

「Think of Fashion 015」への参加の旨を明記してお申し込みお願いします。
また懇親会参加希望の方はあわせてお知らせ下さい。
palette.produce@gmail.com

今後の予定

016 3月 日時未定
内容未定

017 4月 日時未定
内容未定

この後の予定も決まり次第お知らせします。

「Think of Fashion ファッションを考える」実行委員会
https://www.facebook.com/think.of.fashion
上記のフェイスブックページに過去の回のことが載っております。

料金

前売 ¥2,000 当日 ¥2,500

お申し込み