関充氏による 既製服としてのパターン設計

ジャケット編(その1)

第一線で活躍する若い世代に日本の技術を紹介、
体験、修得していただくことを目的として発足した、
“Horus(ホルス)” によるプロのためのパターンセミナーです。

今回のセミナーは、UNIQLOウィメンズパターンチームでリーダーとして
レディスパターンをトータルプロデュースされていた関充先生によるものです。

講師

関 充(せき みつる)

日時

2013年9月28日(土) 12:30 ~ 15:30 (受付開始12:00、〆切12:20)

場所

coromoza
東京都渋谷区神宮前6-31-21オリンピアアネックス201

詳細:

関先生は、1974年桑沢デザイン研究所卒業、株式会社三陽商会、株式会社レナウン、
株式会社サンヨーベイカーを経て独立、 一貫してアパレルの企画・製造背景など、
マーチャンダイジング業務に深く携わってこられました。
近年では、UNIQLOウィメンズパターンチームでリーダーとして
レディスパターンのトータルプロデュースを手がけるなど、幅広い活躍をされています。
また、このホルスの発起人としてもご尽力いただいています。
30万本超(?)の桁違いのロットも関先生のパンツのパターンロジックから生まれました。
本セミナーでは4回にわたってジャケットに関する設計ロジックを披露していただきます。

1回目は、
①ボディバランス原型(ストレート)
②ボディダーツ原型(シェープ)
③プリンセスラインの4面ジャケット(衿無し)の身頃作成及び検証
を行っていただきます。

会費

3,000円
学生の方は半額(1,500円)で参加いただけます。 (当日、学生証をご提示ください。)
※ 料金につきましては、同日に申し受けます。

募集人数

60名(先着順)

申込先

お申し込みフォーム
※ 本セミナー申し込みには東レASCの会員登録(無料)を行う必要があります。会員登録(無料)はこちらになります。

料金

¥3,000