なぜ布プリントの入稿データにJPEGが適していないの?

こんにちは。
coromozaの西田です。

画像(写真)といえばJPEGなんてイメージがありませんか?
そしてよく「TIFFだとファイルサイズが大きすぎるのでJPEGにしてきましたー」なんて方がいらっしゃいます。
しかしcoromozaでは布プリントサービス
JPEGでの入稿を基本的には推奨していません。
そしてやり方さえ覚えていただければ小さいサイズのTIFF画像も簡単に作成できてしまいます!

今回は生地プリントの入稿時にある問題を紹介するシリーズ
「なぜ布プリントの入稿データにJPEGが適していないの?」の質問に
お答えしていこうと思います。
そして正しいTIFF画像の作り方もお教えいたします。

それでは以下メニューになります〜。

画像といってもいろんな種類がある!

実は画像には様々な種類があります。
今回の話題になっているJPEGやTIFF、Windowsユーザーならお馴染みのBMP、
あまり聞き慣れないかもしれませんが、ウェブ用に開発されたPNGやSVGなどがあります。

ほかにもEPSやPDFなども画像といってもいいと思います。
ここでは全てを紹介しきれないですが、実はいろんな種類の画像があるんです。

ではなぜこんなにも画像の種類があるのでしょうか?
それは画像にはそれぞれ用途や目的が設定されているからです。

例えば先の例に挙げたようにPNGやSVGといった画像は
サイズが小さく綺麗にウェブで「表示」するために開発されました。
先のPDFやEPS、PSD、TIFFなどは「印刷」をするために開発されました。

そしてJPEGは写真をより小さく「保存」するために開発されたフォーマットになります。

写真を「保存」するために開発されたJPEGとは?

wikipediaに紹介されていましたのでちょっと引用してみます。

JPEG(ジェイペグ、Joint Photographic Experts Group)とは、
コンピュータなどで扱われる静止画像のデジタルデータを圧縮する方式のひとつ。

〜中略〜

一般的に非可逆圧縮の画像フォーマットとして知られている。

〜中略〜

デジタルカメラの記録方式としてもよく利用されている。
出典:wikipedia

ふむ。少し難しい単語が並びましたが、
簡単に言うとデジカメなどで保存するために小さく圧縮した
静止画用の「非可逆圧縮の画像」フォーマットですよ。
と書いてあるわけです。

しかしここに一つ聞きなれない言葉がありますね。
「非可逆圧縮」の画像フォーマットと。
ちょっと難しい言葉ですが、次の章で言葉の意味を紐解いていきましょう。

非圧縮画像?可逆圧縮画像?非可逆圧縮画像?

難しい言葉を紐解くその前に、昔から画像というのは非常にデータのサイズが大きく、扱いにくいものでした。
そのため画像のファイルサイズを小さくしようと考え出されたのが画像の圧縮なんです。
そしてJPEGもその1つになります。

文字ばかりで説明してもわからないと思いますので、
まず最初に非圧縮画像のTIFF(左)と圧縮画像のJPEG(右)を並べてみたいと思います!
*便宜的にweb用のPNGに変換してあります。

momiji-hikaku
(季節感が。。。)

いかがでしょうか?全然違う結果になってませんか?
ぱっと見はわからないかもしれませんが。。。

追記:そこで一部を拡大した画像を用意しました。
だってスマホで見たら画面が小さすぎてどこが違うか分かりにくかったので。。。

zoom

左のTIFFは画像の劣化がありません。
それに比べて右のJPEGにはなにやら元画像にはない汚れのようなものがありますね。
これが圧縮した結果なんです。
圧縮するとファイルサイズを小さくするために、画像を削り荒くする

しかし圧縮とはすべて画像の劣化があるわけではなく、
「可逆」と「非可逆」の2種類の圧縮方法があります。

「非可逆圧縮」とは
圧縮すると非常に小さくなるが、画像のクォリティーが劣化する。のが特徴です。
「非可逆圧縮」は読んで字のごとく元に戻らない。JPEGはそれになります。

もうひとつの「可逆圧縮」とは
圧縮すると少し小さくなるが、画像のクォリティーは元の画像のまま。
こちらは元に戻る「可逆」となります。色もクオリテーも変わりません。

つまり画像のファイルサイズは

非圧縮画像>可逆圧縮画像>非可逆圧縮画像

の順になります。

そしてクオリティーは

非圧縮画像=可逆圧縮画像>非可逆圧縮画像
となるわけです。

そこで推奨しているのが可逆圧縮できるTIFF画像になります!

印刷するならTIFF!

先にも書きましたがTIFFは「印刷」するために作られたフォーマットなのです。

それではどんな画像もTIFFにすればよいでしょうか?
例えばデジカメで撮った写真は?
細かなことを除けば答えはNOです!
すでに非可逆圧縮して劣化した画像ですのでTIFFにしても意味はありません。

WEBから拾ってきたJPEG画像やGIF画像は?
こちらも同様の理由でNOです。

それではどんな画像をTIFFに変換すれば良いでしょうか?
答えば1から作ったPhotoshopやIllustratorの画像です。
これらのデータであればTIFFにすれば綺麗にプリントができるのです。
なのでせっかく作ったデータも「ファイルサイズが重いからJPEGにしてきましたー!」
ってのはとってももったいないことなんです。

しかしTIFF画像の弱点は非常にファイルサイズが大きくなってしまうことです。
先のファイルですとJPGは41KBに対して、
TIFFは約20倍の786KBにも膨れ上がるんです。

しかし実はTIFFには可逆圧縮する機能が備わっていて、
ZIP圧縮とLZW圧縮することで小さく、しかし画像は綺麗なままということが実現できるのです。
実際、PhotoshopやIllustratorにはこれらのオプションが用意されています。

どうやって圧縮されたTIFFを製作するの?

では実際にどのように製作するのでしょうか?
それぞれのアプリケーションの画面で説明していきます。

Photoshopなら
別名で保存から
スクリーンショット 2015-04-16 21.19.21

TIFFを選び
スクリーンショット 2015-04-16 21.19.40

オプションでZIP圧縮とLZW圧縮が選べます
スクリーンショット 2015-04-16 21.19.59

Illustratorなら

書き出しから
スクリーンショット 2015-04-16 21.23.41

TIFFを選び
スクリーンショット 2015-04-16 21.23.53

オプションでLZW圧縮が選べます
スクリーンショット 2015-04-16 21.24.00

これらの作業をやらないと非常に重いTIFF画像が出来上がってしまいます。
なので必ずTIFFを作るときは圧縮オプションを入れましょう!

今回のまとめ

そんなわけでなぜTIFFが推奨されてJPEGが推奨されないのかをお話ししてきました今回。
最後に簡単にまとめます!

  • JPEG画像は基本的にはプリントには向いていない!
  • しかし一度JPEGになってしまったものをTIFFにする必要はない
  • プリントするなら基本はTIFF
  • TIFFはファイルサイズが重くなるが圧縮オプションで綺麗なまま小さくなる!

ということになりますー。

いかがだったでしょうか?
JPEGしか知らなかった方も、TIFFって重くて嫌だなぁと思っていた方も
少しはこの記事を読んでみて疑問が晴れてくれれば嬉しいですー。
そして生地プリントをオーダーする前に思い出して実践していただけるとなお嬉しいです!

おわり

以前書いた生地プリントついてのTipsはこちらになりますー。
プリントのお話 〜解像度の難しいお話を簡単に
誰でも出来るプリント柄の作成方法 〜 初級イラレ編

*今回の記事も初心者の方へわかりやすくするために一部説明を省いたり、誇張してある部分があります。